膝の痛みを改善しよう

サイトマップ

トップバナー

膝の痛みと改善

膝が痛いという方は多いですが、どうすれば痛みを改善できるか知っている人は少ないです。 そこでここでは膝の痛みを改善する方法をご紹介していきます。まず、膝の痛みを訴える多くは高齢者です。 歳を重ねると身体のさまざまな部分に痛みがでますが、 膝が痛いと、歩くこと自体が嫌になるのので、できるだけ早く改善することが大切です。

膝の痛みを改善する方法はまず、近くに病院があれば、そこで受診すること です。医療機関の治療法を少し紹介します。 まず、膝の痛みは原因によって対策が違いますが、一般的には整形外科で手術を行わない治療法もあります。 これは保存的療法と呼ばれますが、保存的療法はさらに分けられ、薬物療法、装具療法、温熱療法、運動療法など があります。 それぞれ単独治療になることもありますが、組み合わせの治療も多くあります。 薬物療法は薬で痛みを和らげながら、膝関節の動きをよくするヒアルロン酸 を吸収させることもあります。

痛みで立てない
効率的な改善方法

装具療法は膝に圧力が加わらない器具を取り付け、痛みを和らげる 方法です。サポーターやコルセットなど、痛みの程度により器具を選定します。 また、温熱療法は患部の血行を改善し、炎症を抑えて膝の関節の動きをスムーズに して痛みを和らげます。

膝痛に悩む
治療期間を短くできる

運動療法は簡単に言うとリハビリテーションです。安静にするだけでは膝の痛みは完治しないので、 周りの筋肉を強化することが大切です。次に手術療法はさまざまです。 このように、膝の状態に適した治療で、膝の痛みをなしく元のように歩ける人も多い です。年齢でなく、ケガなどでの膝の痛みは どれだけ初期対応が早いかで治療期間が決まります。

その2膝の痛みの症状と原因追求

セルフチェック

膝の痛みの改善は自己診断から始める こともできます。自分の膝の関節が曲がってないか、動かした時に膝に痛みがないかなどを確認し ていきます。その結果によって、多くのことがわかります。まずは、まっすぐ に立った状態で両膝の間にどのくらい隙間があるか調べてみましょう。俗に言われるO脚、X脚な どがすぐわかります。また、運動の前と後での膝の痛みに違いはないかを確認するのも大切です。

運動を始めた時は膝が痛くても、しばらくしてよくなるなら、ストレッチをするこ とで膝の痛みを改善することができます。膝には皿と呼ばれる骨がありますが 、これがずれるような感覚の痛みがでます。膝を構成する骨は複雑で、痛みの原因により 痛みの度合いは違ってきます。

正座ができない人

ポイント 例えば、膝の痛みが原因で正座ができない人もいます。膝の痛みのせいで、正座する際に膝が痛い人、正座 から立ち上がる時に痛い人、正座をすることすらできない人などさまざまです。左右の膝の形が違う人も います。これは特にケガで膝を痛めた人に多いです。膝を曲げたり伸ばしたりする時に骨がなる 人もいますが、それだけで痛みの原因を特定できません。

ですので、これらの痛みを改善するには、まず先にも述べたように整形外 科で精密検査をしてもらうことです。病院にかかる程、痛くはないと思っていても、実際に痛くなってからでは 思ったような改善ができず、手遅れになるケースもあります。 年齢的に膝の痛みを感じるほどになっていないケースでも、肥満などが原因で膝が痛くなる事も多いので、ちょっと痛いだけだから と放置しないことが大事です。その長年の積み重ねで、後戻りできない最悪のケースもよくあるのです。 早めの診断がカギです。若いうちはまだ回復しますが、年齢がいってしうと、もう回復できなくなってしまうことが 多いのです。昔はすぐ治っていたキズが治りにくかったり、治っても跡になったりしますよね。それと同じです。

その3膝のストレッチ

ストレッチ

次の痛みの改善法はストレッチです。ストレッチは 膝の周囲の筋肉や腱を柔らかくしますが、これにより、膝の痛みが改善する人が多くいます。 膝に痛みがあると、歩くことすら嫌になりますよね。そのせいでさらに運動をしなくな り、身体がこわばってり、痛みがさらに増してしまう人も多くいるのです。

この膝の痛みの改善として、無理のない範囲でストレッチをする ことがとても大事なのです。痛みを我慢してストレッチをしても意味がありません。膝の痛み の原因は病院で判明するケースもありますが、明確にならないケースの方が実は多いのです。ですので、 膝の痛みの効率的な治療法として、痛みを和らげるための薬や外用薬を多く使う方が多いのです。しかし 、病院で治療をしている方でも、自宅でストレッチをすることは良いことなのです。 慢性的な膝の痛みに悩んでいる人はぜひ試してください。

膝の痛みの効率的な改善方法

ポイント 膝が痛い時には動かさない方が良いと勘違いされている人もいます。しかし、膝は曲げ伸ばしをするようにで きています。つまり、膝を曲げ伸ばしすること により、周囲が硬くなってしまうのを防ぐことができるのです。 そして、それはストレッチをすることで効果がでてくるのです。

ただ、長期間、膝を使わなかった人は、少しずつストレッチを開始するようにしましょう。 目安ですが、膝を動かさなかった期間だけストレッチをすると覚えてお くとよいです。 例えば、ケガで1 か月くらい動かしていないなら、ストレッチの効果は同じく1か月位かかるということになります。 リハビリはつらいですが、しっかりと行わないと、後々筋力の低 下などでさら痛みが悪化する可能性もあります。ですので、リハビリはしっかりと継続しましょう。 自分でご自宅で行うのがむつかしかったり、習慣にするのが大変なのであれば、 ジムなどに通うようにして、プロからストレッチや運動指導を受けるのもよいです。

その4エクササイズで膝痛の改善

膝の皿をマッサージ

次に膝の痛みの改善エクササイズをご紹介します。膝に痛みがある人もな い人もエクササイズを行えば、膝の痛みが起こりにくくなります。 もちろん、すべてこれだけで膝の痛みが完全になくなるわけではないですが、何も しないでいると膝の痛みは増していくばかりです。

まず、エクササイズの基本ですが膝を軽く伸ばして座ります。膝の横 を親指で押しながら、膝の皿をマッサージするのです。ぐりぐりするような感じで す。足の内側、外側からしっかりマッサージを行うようにします。もちろん、両 膝ともマッサージをします。また、このマッサージを効率的にするために、同じように膝を 伸ばした状態で、膝の皿を上に持ち上げましょう。ポイントは手を使わずに足だけに力を入れることです。 これにより大腿筋が強くなり、膝への負担が減少するので、膝の痛みを効率的に改善してくれるのです。

自分が一番継続できるエクササイズ

ポイントそして、このエクササイズを5秒間続けましょう。もちろん両膝です。5秒間を数セットできればもっと膝の痛みの効率的な改善方法になる、というのも基礎的知識です。次に片膝を立てた状態を維持するエクササイズです。膝を立てて、骨盤が体の中心に来るよな感覚を意識します。そして、この体勢を30秒間持続します。膝の痛みの効率的な改善方法のエクササイズの代表的な物を紹介致しましたが、他にもいろいろなエクササイズがあります。自分が一番継続できるエクササイズを続けるようにしましょう。膝の痛みをエクササイズで効率的に改善する方法として大事なことは無理をせず、長く続けることなのです。

膝の痛みは一時的なものではなく、重症のケースでは一生付き合うことにます。日常生活の中で、 膝の痛みをうまく改善して、障害にならないようにすることが大切です。膝の痛みを我慢しす ぎると、歩けなくなることもあるのです。ですので、毎日、少しずつ動かすことが 大事なのです。痛みがひどい場合は病院のリハビリなどに通って専門的に みてもらいましょう。医学療法士がいる病院では安い費用で専門的な治療を気軽に受けるられます。 医学療法士がいる病院をしっかり探すかどうかも質の高い治療を受ける基本です。料金は同じでも質が高くなるのでれば、 そちらを受けない手はないですよね。大きな病院では医学療法士が病院内のジムなどを使って治療してくれますので 大きなところを探すとよいです。

その5膝の痛みと薬

注射

次の膝の痛み改善法は薬での治療です。膝の痛みの 改する薬で一番知られているのは湿布薬などの外用薬がですが、他に飲み薬もあります。 また、膝関節に直接薬を注射して、強い効果をだす方法もあります。これらの薬は用途 により、使い分けられますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。

外用薬は湿布薬や軟膏などです。痛みのある患部を温めたり、冷やしたりすることで膝の痛み を改善する方法です。効果は中程度です。痛みの種類によっては 作用しない場合もありますし、短時間の痛みの改善になるだけとなることも多いです。 副作用は、ないと考えて大丈夫です。稀に敏感肌の人がかぶれる程度です。メリットはなによ り、簡単な点です。数日分を処方してもらえば、自分で貼るだけです。膝の痛み用の外用薬 だけではなく、薬局で同様の効果の湿布薬を購入できます。

内服薬と坐薬

ポイント 膝の痛みに使われる内服薬は炎症を抑える薬もあります。効果は大きいですが、副作 用も大きくなる可能性があります。胃痛や胸やけ、食欲不振などが代表的な副作用です。内服 薬は膝の痛みの改善だけでなく、体全体に効果があります。また、内服薬よ りも坐薬の方がさらに強い効果が膝の痛みに働きます。

膝残の痛みの患部に直接注射をする場合は、大きな効果と小さな副作用がメリットです。 これは患部だけに作用します。注射はステロイド系とヒ アルロン酸が代表的ですが、ヒアルロン酸は健康維持のための サプリメントとしても有名ですよね。症状に合わせて、医師がより効率的な 薬を処方しますが、希望があればその希望する薬を処方してくれる病院もあります。 自分の膝の症状を医師に的確に伝え、どの方法がよりよいか話し合って決めましょう。言葉で 痛みを伝えるのは大変ですが、感じていることをすべて伝えるようにしましょう。些細なことからお医者さんが予想もしていなかったような 病気を突き止めてくれることもあります。患者の話を殆ど聞かずに、自分の意見ばかり押し付けるような医者の場合、その医院は 避けた方がよいです。

その6膝と食事

ヘルシーな食事

最後は食事との関係をみてみまし ょう。肥満で体重が増えると、膝に負担をかけ、痛みがでるのは当然です。 このケースでは、とにかく体重を減らすことです。体重が減れば、膝の負担も当然減ります。

肥満による膝の痛みの場合、食事はカロリーを制限し、食物繊維をできるだけ多くと ることが大事です。規則正しい食事で、スリムな体になり、膝の痛みや負担も減ります。ま たそれ以外にも肥満による様々な病気も防ぐことも可能です。

軟骨が十分に生成されるような食事

ポイント もし、肥満ではないのに膝の痛みがあるのなら、このケースでも食事の内容を考えなければいけません。 これは、軟骨がすり減っ ていて膝の曲げ伸ばしがスムーズにできないケースが考えられるのです。軟骨が十分に生成されるような 食事をする必要があります。それによって膝の痛みが改善することがあるのです。

具体的には和食を中心にすることです。栄養バラスンを考えた食事は和食に近いのです。 食物繊維を多く含 む野菜や海草類をメインとした食事です。このようなバランスが取れる和食が膝の痛みの 改善につながるのです。カルシウムをたくさん摂ることもとて も大事です。高齢になってから健康的な食事に変えても、正直、大きな効果を期待できません。 若い時か ら膝の骨を丈夫にする食事を心がけることが大事なの です。膝が弱くなってしまう前にしっかりこれらの対策をできるところから行いましょう。これまで ご紹介した膝の痛みの改善法がお役に立てれば幸いです。